彼氏の気遣い

温めた味噌汁を入れるとき、蓋を持っててくれて蓋を手渡すとき熱いのに真ん中の持つところじゃなくてフチを持って私が熱いところを触らなくていいように渡してくれる。

遊んでて私が後ろに倒れるとき、どんな時でも必ず頭の後ろに手を入れて頭をぶつけないようにしてくれる。

そんなところがいっぱいあって、小さいことだけどすごく愛されてるのを感じる。