嫁さん愛してる

結婚して2年。まだ子供は出来ないが、日々1歳年下の嫁と楽しい生活を送ってる。

嫁との結婚を機に転職したが、激務から毎日イライラして当ってしまうことも。だが嫁はいつでも正面から受け止めてくれた。
そして激務がたたって休職⇒退職。この時辛くて嫁の前で泣いた。
「ごめんなさい。こんなことになってごめんなさい」
そう絞り出した俺に、嫁は言ってくれた。
「人生山あり谷あり。こんな時もある。今は専業主婦だけど、金は私が何とかするから。だから身体を治して、またいつもの笑顔を見せてね。」
その翌日から嫁は働きに出てくれた。結婚を機に田舎から出てきた嫁に取って初めての電車通勤、都心での働き方は勝手が違いさぞかし大変だったに違いない。でも嫁は愚痴一つ言わなかった。
そして身体を治し、俺は再就職。1年経ったとき、記念に食事した時に聞いてみた。
「俺がダメになったとき、離婚とか考えなかった?」
「全然。むしろもう駄目だから離婚しようと言われるかもしれないと思って怖かったよ。でも身体も治ったし、転職して楽しそうだし、ほんとに安心した」
嫁、ちょっと泣いてた。

ご飯はすげー上手いし、ビールは美味しそうに飲むし、寝てるときはいびきを豪快にかくけど、そこも含め嫁さんが可愛くてしょうがない。

世界一可愛い嫁、これからもよろしくね。