存在感

寂しがりの自分はとても彼女に甘える。
きっと不安にさせたり、不満を持たせたり、我慢させるほどだと思う。

強くない彼女は強がって「よしよし、大丈夫だよ、好きだよ」って励ましてくれる。
自分が情けなくなる時もある、けど「それが君でしょ」なんて言う彼女の優しさにいつも救われてる。

いてくれるんだな、愛されてるんだな。
そう実感することが沢山あって。
彼女の存在は彼女一人で、彼女がいて自分がいるんだ。なんて痛感する。

ありがとう。楽しみに待っててね。
ちゃんと何倍にもして返すから。