会えない時間=愛と絆を育む充電期間

まるでよくある適当なラブソングの歌詞みたいだけど、最近よくこれを感じる。

彼女も自分もお互いハードワークでなかなか会えないという現実。それはもちろん寂しいけれど、それを彼女にただストレートに伝えたところで会える時間が増えるわけではないし、むしろ困らせちゃうし、あんまり言ったことなかったかな。

だからなのか、久しぶりに会った時は最初だけ少し緊張する、何話せばいいんだろうって。でもすぐリラックスするし、そのとき会えて嬉しいことは全力で表現してるつもり。

思うように会えない、辛いという一方的な感情ではなく、会えないからこそ相手を大事に思えて、かつ絆を感じるのは30年以上の人生で初めての経験かも知れない。

今はお互い将来のために仕事を頑張らなきゃいけないけど、長い人生の中ではこんなの一瞬だし、それよりかは未来の時間が共有できることが嬉しい。

これからもよろしくね。好きだよ。

関連記事