綺麗な蝶

遊んでにこにこして
きらきらした君を好きになったんだ
最初はね
綺麗な蝶を
カゴに閉じ込めるのはもったいないよな
最初はね

それでいいと思ってた

途中からね

泣いてる姿を見たんだ
君が 一生好きな人のことを思い出して
泣いている姿を

家族のことで泣いている姿を
泣いていたんだよ 君が

気の強い君のことだ
守らなくても
自分で守れるって言うだろうね
でも違うんだよ
ぼくは 君のそばにいたい

もう君が舞う姿を眺めるんじゃなくて
ぼくが 一生をかけて
そばにいて守りたい人になったんだ

愛しています