嫁ではなく彼女の話。
僕の彼女はとても最高だ。出会いは今のご時世のネットで知り合ってそこで意気投合して出会って付き合った感じだ。最初はたかがネットで出会った人との恋愛なんてすぐ終わると思ってた。だけど、知り合ったキッカケが同じお笑い好きというのもあってかとても趣味が合う。しかも出会う前くらいに好きな食べ物やタイプなどを話し合ってたらとことん合うことが判明した。そのお陰か今はとてもラブラブなカップルになって僕はとても幸せだ。しかし実は彼女と僕はお互いとても遠い場所に住んでる言わば遠距離恋愛なのだ。そして初めて会う時は僕が行こうとしたのを止めてまで彼女がはるばる会いにきてくれた。その時、僕はすごい嬉しかった。そこからお互い2ヶ月に1回あるかないかのペースでかわりばんこにお互いの所に会いに行っている。おかげで地理には強くなった。会えない分はいつも通話をしている。仕事であった愚痴や日頃の出来事を喋っていてすごい楽しいがやはり会いたい気持ちがお互いにはあって、通話を切る最後のセリフは決まって「はやく会おうね」と言っている。彼女は世間から見ると美人ではない。ただ僕からみると宇宙で1番可愛いし最高の彼女だ。これからもよろしく。そしていつか彼女と呼ばず嫁と言ってあげたい。