ふつうかと思いますが

仕事で疲れて帰ってくると、俺が玄関のドアをあけるやいなや部屋の奥からドタドタと音をたて迎えに来てくれ、晩御飯のメニューを聞かされながら二人で歩く廊下が俺の癒し。