私の姫子。

私の姫子が可愛すぎて辛い。
姫子の瞳が好き。
春の銀河のようにきらめく瞳が、春の日差しのような優しい眼差しが好き。
姫子の髪が好き。
微風にひらめくシルクのような、さらさらの髪が好き。
姫子の唇が好き。
蜜のような口付けをくれる、切ない吐息を聞かせてくれる唇が好き。
姫子の声が好き。
高くて甘い、心に沁み込む、澄み切った声が好き。
姫子の体が好き。
抱きしめると折れてしまいそうな華奢な腰が、薄くてでも形のよい胸が、重ねた肌から伝わってくる温もりが好き。
でも、一番好きなのは、姫子の心。
脆くて傷つきやすい、でもどこまでも純粋で美しい、決して誰も責めたりしない、すべてを許す、優しさに満ちた魂。
好きよ。大好き。
姫子のすべてが愛しくてたまらないの。
姫子以外のものなんかもう何もいらない。
ただ姫子だけが欲しいの。
姫子と私、二人だけの永遠の夜が。

関連記事