世界一かわいい

自分の嫁であることを忘れて客観的に見ても嫁は美人だと思う。だが、いつからか妻は写真の類いに写りたがらなくなった。どうしても可愛い嫁を映像に残したくてこっそり胸ポケットに携帯を忍ばせビデオ録画していた。最高の笑顔が撮れてほくそ笑んだためか嫁は静かに僕の携帯を取り出し、永久にデータは消えた。その鋭さも好きだ。