左利きの君

うちの妻は左利き。
色々と不便はあるらしいけれど、一人で生きていくには困らないらしい。何故かパソコンのマウスは右手で操作してるけど。

台所には、調理用のハサミが1つ置いてある。
親指を入れる輪が小さく、4本指を入れる方は大きい輪のタイプの、ドイツ製の何でも切れそうなハサミだ。

たまに僕が台所でハサミを使おうとすると、大きな輪が左側に来るように調理台に置いてある。
左利きの彼女が使うと大きな輪が左側に来るらしい事に最近気づいた。右利きの僕は、裏表を1回1回ひっくり返して使わないと親指の位置がしっくりこない。

でも、彼女が使いやすいように、また逆にして戻しておく。
お互いの小さな違いを認識して、不便を共有して、寄り添う手間を愛おしく感じる。それが長いこと連れ添うということだと思う瞬間。
いつまでも、この偶然に連なる平和が続きますように。

関連記事