犬みたいな嫁

最近結婚した嫁は元気で愉快で豪快でいて、すぐ悲しむような繊細さもある人です。 私が家に帰ると、おかえり!!と犬のように飛んできます。 仕事も大変なためかご飯を食べ終わるとコタツですぐ寝てしまいます。 でもそんな嫁が可愛いのです。

知りたいのはそっちじゃなくて

最近2人でハマりだしたスマホゲーム ポケ森での会話… 俺『ねぇ、ニジマスって釣ったことある?』 彼女『(ゲームしながら)うん!あるよ!』 俺『ニジマスって大きさどのくらい?』 彼女『うーーん…(手でサイズ作って)このくらい?』って彼女は俺にニジマスのリアルサイズを教えてくれた(笑) 思わず『リアルニジマスのサイズじゃねーよ!!』って突っ込んでしまった(笑) 普段、俺がボケることが多いんだけど、時々すっとんきょんなナイスボケをかましてくれる 毎日、1回は2人で爆笑 歳の差18歳、年下の彼女と付き合ってもう少しで2年 もお可愛くて大好きです!!

最高の料理

風邪を引き、さらに腰痛にまでなってしまい、咳をする度に腰に激痛が走り睡眠不足に悩まされ心身共に辛いかった時に嫁が作ってくれたのは 玉子粥にしょっぱい漬物 あっさりした物しか食べにくい状態で、お粥は食べやすく、玉子は味に影響が無い範囲で入っていて栄養もある。 味が単調ですぐに食べ飽きるが、そこでしょっぱい漬物をかじる。 しょっぱいので、お粥を口に掻き込みたくなる。 私の体調を良く理解し、考えた結果に作られたであろう、玉子粥に漬物 気が付けば、嫁の気遣いで胸が一杯になり、お粥がやや塩味に。 食べる事が辛い体で、無理せず完食。 あの玉子粥と漬物こそ、人生で一番感動した最高の料理と断ずるに迷いはない。

ぽっちゃり好きな僕の嫁は

ぽっちゃり好きな僕でしたが、嫁と付き合いだした頃、彼女はとてもスレンダーでした。 結婚も考えるようになり学生時代の話もするのですが、一向に写真を見せてくれません。 しかし、ある日お義父さんが見せてくれた学生時代の写真にはまさにぽっちゃりした彼女の姿が!! 社会人になってから一生懸命ダイエットして痩せていたそうです。 「太っていいよ」って言ってももうあの頃みたいに太らないなんて否定してました。 さてそんな僕の嫁の現在は…子供二人を産んでしっかり産後太り(と言い張る)で知り合った当時よりはるかにぽっちゃりしております。最高です。 「ダイエットしようかな?」とかたまに言いますが、そのままのあなたでい

20年経っても可愛い

出会った瞬間、これまで出会った誰よりかわいい!って思った。 それから20年以上経ったけど、未だに誰よりもかわいい! 会社では20代、30代の女の子もいるけど、誰にも負けてないどころか 全然かわいい!それに気遣いができて、断然優しい。 体調不良が多くて、寝込んでるところが多いところが、外見が良くて カタログ値もいいけど、整備が難しく万全がなかなかなかったという 旧日本陸軍の戦闘機飛燕に似てるけど、整備を万全にするから、自由に空を 飛び回ってね~

なんでもお見通し

結婚して5年 2年前に仕事で使うからといい6万円程の電子機器を買ってもらいました(殆ど自分で出したかな?) 嫁を仕事に送ってこの間にパチンコをしてたら、案の定負け。 車に戻ったら嫁の財布が置いてあった 食品用で残してた2万円。駄目だと思いながらもやけくそになり使ってしまった。 それも負けて自暴自棄になった。 嫁を迎えに行ってそのことを正直に話したら案の定いかりMAX 夜ご飯も買うお金なくて子供にもご飯食べさせてやれなくてそんな自分が凄い情けなかった なんとかお金を作らないとと思い売りたくないけど前に買った電子機器を売れば2万円ぐらいにはなるだろうと思い 物を箱に積め手に持って「ちょっと出かけて

くちボクロがキュートな嫁

嫁にどうやって感謝の気持ちを伝えたらわからないぐらい感謝しています。 今の自分がこうして仕事したり遊んだりできるのは全て嫁のおかげ 本当にいつもありがとう 唇のホクロ凄くキュートで可愛い嫁の事を これからもずーっと大好きです

二次元も可と聞いたので

私が高校生の頃、東日本大震災で私は天涯孤独の身になりました。現実感のない現実に夢じゃないかと思い過ごした約1ヶ月。 嫁とのファーストコンタクトになります。当時、Steins;Gateというアニメの放送が始まり、引き取られた親族里親(私の三等親にあたります)の家でたまたま第一話を目にしました。 感想は面白くない、でした。 キャラの主張が強すぎて物語が頭に入らず、楽しめなかったのです。 なんとなく惰性で毎週見ていましたが、そうしてアニメを見る時間があの災害を忘れられる手段のひとつでした。 物語が進むにつれて登場人物への感情移入もできるようになり、気づけば毎週の楽しみになっていました。 編入先の学校

嫁、かわいい。特に酔っ払った時。顔が真っ赤になって、ろれつがまわらなくなって、ベタベタしてきてしまいには寝ちゃう。寝てる嫁に毛布をかけてあげるときに幸せを感じる。