久々

一週間風邪が続いて学校一緒なのに会えなくて、やっと会えてそれだけで嬉しかったのに帰らなきゃとか言ってるけどぎゅっと抱きしめられて「ずっとこのままがいい~」いって言われると照れるから。 そうしてたいのはこっちだし…

無題

箇条書き ・変顔面白い ・毒舌の癖に気にしい ・俺の前でおなら、ゲップを絶対我慢する ・「カラダに良くないよ」って言えば言うほどムキになって我慢するヨッッッメ ・判断力、決断力がある ・おまけにセンスもある ・そこを褒めても絶対に調子に乗らない ・むしろ何をしたら調子に乗ってくれるんやろ…

理解者

嫁ではない二つ上の彼女の話です。 ある日、自分の身に起きた予想外の出来事に精神は極限状態。 そんなときに彼女から突然 今から家に行く というLINEがきた。 実家暮らしで次の日も早朝から仕事が控えている彼女からは想像できないことだった。 連絡にあったとおりすぐにきてくれた彼女はただ抱きしめてくれた。 その瞬間、自分でもびっくりするくらい泣いた。 よしよしって撫でてくれた。 いつもは甘えん坊ですぐにひっついてくる彼女がほんとに頼もしかった。 自分のことを理解してもらえてることに感謝。 この彼女を大事にしていきたいと思った。

「嫁」が「彼女」に戻る時

子供たちが帰宅してから寝るまでは、夕飯作って風呂の支度してアイロンがけしてと、子供の世話が主体だから「母」になってる。 子供が寝てからは、塾の教材費の話や実家の親族に関する話など、夫婦の相談が多いから「嫁」としての役目。 でも、二人でベッドに入ると、たわいないおしゃべりを初めて、 「今だけは何の役割でもない、ただの『あなた』と『わたし』でいられるね」 なんて言うから、どんなに疲れてても限界までおしゃべりに付き合うし、逆に余裕がある時は我慢できなくて襲っちゃうし。 二人ともいい歳になっちまったけど、いまだに可愛くて仕方がない。 爺ちゃん婆ちゃんになっても、一緒におしゃべりしながら眠ろうな。愛して

情に熱い

自分が気が回らなくてよく怒られるけど、情に厚い嫁さん! いつもその優しさに感謝(^^)v

嫁とスズメ

この間出勤途中に嫁から電話がかかって来たんです。 朝の電話は大抵怒られる事がお多いのですが、その日は違いました。 嫁「おっさん!(;ω;)」 半泣きの嫁。 おっさん「ど、どうしたΣ(゚д゚lll)」 珍しくテンパっている嫁に動揺 嫁「洗濯物干してたら、庭でスズメが死んでる!(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」 おっさん「…っw」 嫁「よく見たら蟻が群がってて、なんか可哀想になって、たまらず電話した(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」 おっさん「あー、うん(´ω`)」 嫁「帰ったら、埋葬して下さい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」 おっさん「了解(´ω`)」

嫁、ときどき犬

うちの嫁は最近犬を飼いたがってくっついておねだりをしてくる。「ねぇーワンコ飼いたいー」これが最近の口癖。 「飼わないよー」というとなんでなんでーとだだっこ。 「ねぇーワンコ飼いたいー」 今日も始まった。たまには返しを変えてみた。 「もう飼ってるからこれ以上はめんどうみられないよー」 どこかに隠しているのかと思ったのか、キョロキョロしだす。でも見つからない。それもそのはず。だっていないもの。俺の顔を見て 「どこにいるのー?」 と聞いてくる嫁。 黙って嫁の顔を見つめる。2~3秒してようやく意味がわかったらしく、頬を一度膨らませてからこの一言。 「お友だちがほしいだワンッ!」 今日もうちのワンコはく

年上、ちっこい、美人で可愛い。

年上、ちっこい、美人で可愛い。 基本的に猫の嫁。 常にくっついてるけどずっと話してるわけではなく、互いに別のことをしてる。で、急に「構え」って要求してくる、または噛みつき・においをかぎ・膝の上にくる。 日向ぼっこ、雨音を聞いてるとき、好きな自然の中にいるとき、ぼーーっとそとをみて「気持ちいいなぁ~」って体中の輪郭がぼやけてる嫁を見てるのが好き。 ほんわか系で何より楽しいことをするのが好きって性格のくせに、5感が鋭く、思考はドラスティック仕事はプロフェッショナル。 最高だよ~

\( ˙꒳​˙ \三/ ˙꒳​˙)/

おしりを叩いたらおならをブッてだします。 出したあと、「おならしたね?!?」って僕が言ったら「おならしたことない!!女の子はおならしないんだよ???」とか言い始める。